はげの捌き方

LINEで送る

はげの捌き方

ウマズラハゲ(ながはげ)

 

「動画で説明」


 

「写真で説明」

hage01

(1) 活きのハゲは、必ず〆て血抜きをします。首の脊髄を包丁で切るます。一騎に〆ることで身の鮮度が違ってきます。

hage02

(2) 頭部を切り離したら、肝を砕かないように外します。

hage03

(3) 熱湯で中まで十分に火をとおして、お刺身に醤油、ワサビといっしょに付けて食べると、絶品です。

hage04

(4) 三枚おろしにします。背から包丁を骨に沿って中心まで、入れます。

hage05

(5)しっぽ側からも中心部まで、包丁を入れて、しっぽ側から、骨に沿って一気に二枚におろす。

hage06

(6) 二枚におろした状態です。反対側も同じようにして、三枚におろします。

hage07

(7) 皮のしっぽ側の先を指で抑えてから、皮をひきます。

hage08

(8) 薄皮も皮と一緒にひいてしまうと、二度手間にならず、いいですよ!

hage09

(9) 三枚になった身は、腹の骨と中心の骨を切りのぞきます。

(10) 頭、骨を竹串にさして、活き造りの形に飾り付け、薄つくりに綺麗にならべると、ふぐのてっ刺のようになります。わさび、肝、醤油で食べてください。

<<戻る